洗顔石鹸の選び方

肌にやさしい洗顔石鹸




私は肌が弱いため、洗顔石鹸をこだわって選んでいます。香料、タール系色素、石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)など一切無添加のものを使用しています。

>無添加の石鹸の人気商品の「どろあわわ」を紹介します。

肌にやさしいという石鹸は数多く販売されていますが、それでも刺激を感じる場合もありました。数々の洗顔石鹸を試した結果、現在使用しているものを見つけることができました。

洗顔は、肌ケアの中で一番大切ではないかと思います。汚れをしっかりと落としつつ、肌の潤いは逃さないようにしなければいけません。

この洗顔石鹸を使用する際は、しっかりと泡立ててから洗顔しています。泡立ちもよく、きめ細やかな泡がもっこりできるので、顔にふわっとつけることができます。

ゴシゴシこするのではなく、なめらかな手の動きで洗っています。こすらなくても、お湯で流すとさっぱり感は十分得られます。

洗顔後も、タオルでこすらないように水分を拭き取り、肌への負担を極力なくすようにしています。洗顔を正しく行うことで、化粧水などの浸透もいい気がします。